ペットの肖像ペンダント くわしくは【こちら】
あなたの大事な家族であるペット様のお顔をシーグラスに描き込んで メモリアルペンダントにいたします。 ☆生まれてきてくれた証に… ☆運命的なめぐり合いに… お写真を元にシーグラスにあなたの大事なペット様の肖像画をお描きします。 (亡くなったペット様の肖像も承っております) ワンちゃん、ネコちゃん、鳥さん、その他…どんなペットさまでも♪
ニャーちゃんるるちゃん肖像ルルちゃんP101013111.jpgP1010198.jpgP1010250.jpgP1010244.jpg


★シーグラスアート★

海や川に捨てられたガラス瓶が海で波に洗われ磨かれて角が取れ、素敵なすりガラスになったシーグラス。自然からの贈り物です♪
海に行くたび、シーコーミングして探しては集めています。
シーグラスのランプとか、コースターとか色々あるけれど、もっと他に何か作れないかしら・・・。
そう思っているときにアクリル絵の具で絵を描いてワイヤーで巻いてみたら、可愛いペンダントが出来ました。
【モニター募集】 ペット肖像☆ウェルカムボード・ミニ看板 猫ミニ看板
1匹15000円を8,000円(送料込み制作費)
2匹20,000円を13,000円
3匹25,000円を18,000円
☆詳細はこちら☆
【モニター募集】 あなたの天使のミニ看板 I AM
 
送料込み制作費
24,000円を7770円

☆詳細はこちら☆

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アート『頭上の神殿・啓かれる叡智』

2011年10月28日 13:39

昨日、VISION ARTのKAORIさんの作品『頭上の神殿・啓かれる叡智』が届きました♪
KAORIさんの絵は去年はじめて知って、とても力強いすごい絵を描く方だな~と
すごく憧れてました^-^

力強いし、独自の強烈な個性を放った作品を描かれます。

きっと本当に観えている人なんだな~と思います。

私もヒーリングなどの際に頭に浮かんだビジョンを描くことはあるけれど、
彼女のようにバリバリに見えているわけじゃないし、
あんなに次から次へと描けないから
ブログを見るたびすごいな~って思ってた。

いつか彼女の絵を我が家にも・・・って思ってたある日、
ビビビッと来ちゃった絵が現れました!!

それがこの『頭上の神殿・啓かれる叡智』
VISION ART『頭上の神殿・啓かれる叡智』

この絵を手に持つと、何かすごいエネルギーを感じますね^^

彼女がこの絵について書かれている記事にあるとおり、
すべての豊かさも叡智も自分の頭上にある。
何が必要か、何をすべきかも全て本当は自分が一番よく知っている。

解らないんじゃなくて、
ちゃんとつながれてないから、迷ったり悩んだりするのだ。
頭上というのか、高い次元にある自分というのか、内なる叡智というのか、
それとちゃんとつながれれば、素晴らしいインスピレーションも降りてくるし、
すべてが正しいのだ。

スピリチュアル系のセミナーなどに高額なお金を払って学ぶことも、
それはそれで勉強だけれど、そうしなくてもきっと本当は知っていることなのだろうと思う。

人の作ったゲームに夢中になったり、
人の作ったブランドを必死に買いあさったり、
人の考えに左右されたり、
そういったことに振り回されたりせずに、
自分の中心としっかりつながって、自分の本来すべきことに集中できたらと思う。


そういうあたりのことを雲黒斎さんのブログでは
『自分=全て』の=の部分をカルマが塞いでいると表現されてたけど。
(『極楽飯店』http://blog.goo.ne.jp/namagusabose/e/e4f5f9638cdbbe03cc03a8bc003502c0←解りやすくて面白い^-^)


イメージが湧かないとか、どうしたらいいか分からないとか、
私もしょっちゅうだけど、そういうときにこの絵を見つめて
自分の中心に戻ってまた見つめなおせたら・・・
そんな思いで購入させていただきました^-^


最初は、絵のイメージが湧きやすくなるとい~な♪と思って買ったんだけど、
この絵のお金を振り込んだ日の前後にすっごくいろんなことがありました。


具体的には書けないけれど、
我が家の実家でいろいろなことがあって、
自分が良かれと思って動いたことで、
親族間でいろいろと誤解が生じ、揉めてしまっていました。
親族と絶縁寸前くらいまで行きました。

良かれと思ってしたことで何故こうこじれてしまったのか?
何故自分はこうも人づきあいが下手なのか・・・

ものすごく落ち込み自分を責めました。

そんなときに、ふっと相手の困った表情や、相手の板ばさみになった様子が脳裏に浮かび、思わず色々複雑な思いを彼女がしていたんだなと同情的になり、彼女にメールしていました。

彼女からの返事が来て、互いにいろいろな誤解があったことや
私の知らなかった事実を知らされ、みるみる氷解しました。


あの時、ふと浮かんだ彼女の周りの状況、彼女の気持ち、
あれもインスピレーションというのか、
必死に解決法を求めたことへの答えだったように思えて仕方ありません。

まさに頭上の神殿から降りてきたものだと思えてなりませんでした。


ビジネスのアイデアやアートのインスピレーションなどもそうだけれど、
自分の内側から、または頭上の神殿・叡智から来るものは
対人関係のヒントもくれるのだなと感じましたね^^



数日前の親族間でもめていた時、
「家族でもこうももめるのだから、国と国はもちろん、日本の国内でも一つになるなんて難しいのは当たり前だよな~」
なんて思っちゃったりしたけれど、
今回のことで、
「求め続けよさらば与えられん、たたき続けよさらば開かれん」
の通り、解決したい!理解したい!と強く願えば、
何らかのヒントや手がかりが与えられるのではないだろうかと感じました。


それにしてもKAORIさんの絵、すご過ぎます

無意識とつながれたらと思うので、昨夜は枕元に置いて眠りましたよ^^
スポンサーサイト

日曜美術館

2011年01月24日 00:36

息子がインフルエンザになっちゃったので久々にずうっと家にいて、
日曜美術館を見ていたら、東大寺の襖絵を3年かけて描かれた小泉淳作画伯のことをやっていた。
千年の花を咲かせたい
~小泉淳作・東大寺ふすま絵に挑む~


画伯の言葉に名言がいっぱいあった。

完成というのはどこまでで自分を許すかなんですよね

わかる~。
描こうと思えばどこまでも果てしなく、いつまでも完成に至らないけど
どこでよしとするか・・・。

「絵を描くというのは忍耐なんですよ」(ちょっと違ったかも)

細かい作業で大きなキャンバスなら尚更、根気と辛抱。
喜びやワクワクは最初のインスピレーションの時と完成間近になってからだ。


日本画は山口華氏が好きだけどこの小泉淳作画泊も良いなあ^-^
京都の建仁寺の法堂天井画「双龍図」も描かれたらしい。
いつか見に行きたいなあ。
 

まぶたの裏をスケッチする

2009年12月02日 09:45

昔書いた日記を読み返していて、
初心に帰れそうな日記があったので
ここに改めて書き起こしておきます^^
[ 続きを読む ]

紅葉

2009年11月11日 12:31

ご無沙汰しておりました。
今日は仕事が暇だったのでお客さん宅の帰り道に『安美展』というのを観に行きました。
安城市民の美術展で『安美展』。
今日は第二部の、審査員や招待者の方の作品展でした。
書はよく分からないので、絵のほうをじっくり観させていただきました。

審査員の先生の作品はやはりさすがですね。

市民ギャラリーの廊下の窓から紅葉が綺麗に見えました。
窓から見た景色
雨でより一層風情が増しますね^^

窓から見た景色2

外に出るとヒンヤリしっとりで風がとても心地よかったです…。





市民ギャラリーに各地の美術展の案内が置いてあって
一枚のチラシに惹かれて持って帰ってきました。
じっくり読んでみるとこれはなかなか興味深いので是非近日中に寄ってみたいと思っております。

境界なきアート展
豊川市桜ヶ丘ミュージアム  

認知症予防に効果的とされる回想法をアートに取り入れたライフレヴューアートを使用して「思い出の箱」を制作する、という試みで、実際パンフレットに載っている作品の写真を見ても大変素晴らしい。
12月5日の『回想法アートの試み』講演会も参加したい…
駄目元で電話したら申し込みできました♪

山下清をほうふつとさせる作品があったのと、
回想法に非常に興味を持ったので何としても時間を作って観に行ってきます!

※後でHPを良く見たら実際に山下清氏の作品も出品されているようです。
ますます楽しみです♪

アクリル絵の具

2009年07月29日 09:27

こちらのアクリル絵の具のサンプルを送っていただきました。 
http://www.turner.co.jp/art/golden/technicaldata/open/openguide.html
ターナー社アクリル絵の具

普通のアクリル絵の具より乾燥する時間が長く
私のように髪の毛よりも細かい線を描く者にとっては
非常にありがたい絵の具です

送っていただいた色は白と青とエンジっぽい色の3色。
あの青はザドキエルとミカエルを描くのに使わせていただこう♪

感謝♪


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。